価格帯のトレンド

ふたりあわせて30万円用意できれば安心

結婚指輪の価格帯トレンドは地域によっても異なりますが、おおよそ20万円~30万円と言えます。
何が価格を左右するのかというと、大きくは素材とダイヤです。ブライダルリングの素材として定番であり、人気が高いのはプラチナですが、18Kやシルバー、ジルコニウムなどを選ぶと価格はぐっとおさえられます。
プラチナは白く美しい輝きが年を経ても変わらないことで人気ですが、金属としては柔らかく、変形しやすいという特徴もあります。仕事が力仕事だけれど毎日つけたいという場合など、ふたりの状況に応じて素材を変更すると、価格も抑えられるかもしれません。
また、女性用の結婚指輪にはダイヤがあしらわれているものが多くあります。ダイヤの個数や品質によって価格は上下しますので、予算と品質を見比べながら選ぶと良いでしょう。

中には10万円台でふたり分買えるものも

結婚指輪はふたりあわせても10万円台で購入できるものもあります。
たとえば、細身のフォルムでダイヤや彫刻などの装飾がないシンプルなものは比較的価格がおさえられています。デザインをシンプルにし、素材をこだわるという方法で価格を抑えることも可能です。
また、結婚指輪は男女で素材を変えることも可能です。女性用は18Kや10Kにし、男性用はシルバーにするというようなことも可能ですから、好みと予算を伝えてスタッフに相談しましょう。
中には、婚約指輪を購入していると結婚指輪が割引になるというジュエリー店もあります。婚約指輪と結婚指輪を同じ店で買うと、何かあったときのアフターフォローとしても安心ですし、2本を重ねづけしたい場合もぴったりの結婚指輪を見つけやすいですよ。

結婚準備には結婚式場や新婚旅行などの手配の他、新居の準備や苗字が変わることによる会社や銀行への手続きなどがあります。

© Copyright Simple Ring Design. All Rights Reserved.